社会・環境

トピックス

2017年3月14日

【近畿地方】ローソンストア100で「京都市NOレジ袋&食品ロスゼロキャンペーン 」に協力しました

ローソングループは、2017年2月、ローソンストア100 京都外大前店で、京都市の「NOレジ袋&食品ロスゼロキャンペーン in コンビニエンスストア」に協力しました。

京都市では、ピーク時からの「ごみ半減」に向け、ごみになるものを作らない・買わない「リデュース」、再利用する「リユース」の2Rと、分別・リサイクルの促進に取り組んでいます。とりわけ、2Rについては、食品ロスの削減目標を全国で初めて設定するとともに、先進的なレジ袋削減の施策を推進しています。

ローソングループはこの取り組みに賛同し、ローソンストア100京都外大前店でキャンペーンの告知ポスターなどを貼付しました。2017年2月20日(月)には11:00から14:00までの3時間、同店店頭で来店された64人のお客さまにチラシとグッズ(エコトートバッグ、エコまな板、ラップ)を配布しました。また、ゆるキャラ“こごみちゃん”も登場して、生ごみ3キリ運動(※)などをアピールしました。
※生ごみ3キリ運動:食材を使い切る「使いキリ」、食べ残しをしない「食べキリ」、ごみを出す前に水を切る「水キリ」、これらの3つの「キリ」を推進すること。詳細はこちらへ(外部リンク)

ローソングループはこれからも、ごみの分別とリサイクルを推進し、廃棄物の削減に積極的に取り組んでまいります。