社会・環境

トピックス

2017年2月27日

小売業として唯一3年連続でローソンが「健康経営銘柄」に選定されました

株式会社ローソンは、2017年2月21日(火)、経済産業省と東京証券取引所が共同で選定する「健康経営銘柄2017」に選ばれました。ローソンは2015年から小売業として唯一3年連続の選定となります。

「健康経営銘柄」とは、従業員などの健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業を、投資家にとって魅力ある企業として紹介し、企業による「健康経営」の取り組みを促進するものです。今回は、東京証券取引所に上場している企業の中から、1業種1社の計24社が選定されました。

ローソンは、経営ビジョンとリンクした社員の健康保持・増進、及び経営トップのコミットメントで目標数値達成を推進している点が評価されました。

左から、経済産業大臣政務官の中川俊直さま、ローソン 代表取締役 社長の竹増貞信、プレゼンターの小谷実可子さま

また同時に、地域の健康課題に即した取り組みや、日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する「健康経営優良法人 2017(ホワイト500)」にも選定されました。

ローソンは、これからもマチの健康を支えるとともに、お客さまの健康生活全般をサポートする企業として、私たち社員自身の健康も推進してまいります。

★ニュースリリースはこちら

★ローソンの「健康経営」への取り組みについて詳しくはこちら

★ローソングループ 健康白書2016はこちら