社会・環境

トピックス

2016年11月28日

【中部地方】愛知県安城市及び安城市社会福祉協議会と高齢者見守りの協定を締結しました

株式会社ローソンは2016年11月18日(金)、愛知県安城市及び安城市社会福祉協議会と「安城市高齢者見守り事業者ネットワーク事業に関する協定」を締結しました。

安城市は高齢の方が増えていくなか、社会から孤立する恐れのある高齢者を早期に行政等の支援につなげるため、社会福祉協議会と連携し、事業者との協定を締結しています。

この協定に基づき、市内のローソン全12店舗(2016年10月末日現在)で高齢者の異変を発見した場合は、安城市に連絡を行う役割を担います。

ローソンはこれからも自治体と協力して地域の見守りの輪をさらに広げてまいります。


【協定の主な内容】
・見守り活動の推進に協力
・高齢者の異変を発見した(異変が疑われる)場合、安城市へ連絡
・高齢者の安全確保の上で緊急と判断した場合は、直接、警察、消防に通報

2016年11月18日(金)、安城市文化センターで行われた協定締結式。右から安城福祉協議会長の神谷明文さま、ローソン中部エリアサポート部長の磯村昭夫、安城市長の神谷学さま

協定締結式には17事業者・団体が出席しました