社会・環境

トピックス

2016年11月9日

【東北地方】福島県浪江町の仮設商店街内に店舗をオープンしました

株式会社ローソンは、2016年10月28日(金)に、福島県浪江町の仮設商店街(名称:まち・なみ・まるしぇ)内に店舗をオープンしました。この商店街は、全町避難している浪江町が2017年3月に町民の帰還開始を目指し、町民の皆さんが安心して帰ってこられるようにするための環境整備の一環で開設したものです。

10月27日(木)の11:00から行われた商店街のオープニングセレモニーには、高木陽介原子力災害対策本部長兼経済産業副大臣や畠利行福島県副知事が出席され、当社からは取締役 常務執行役員 CR管掌の郷内正勝が出席しました。

ローソンは2014年8月27日に浪江町役場前店をオープンし、復興に携わる方や一時帰宅される町民の皆さんのために、浪江町内で営業を再開した初めての小売店舗として日常生活に必要な商品を提供してまいりました。さらに今回、仮設商店街に店舗をオープンすることにより日々の暮らしに不可欠なインフラとして町民の皆さんに安心を届けてまいりたいと考えています。

ローソンはこれからも、「私たちは“みんなと暮らすマチ”を幸せにします。」の企業理念のもと、マチの皆さんに寄り添い、なくてはならない存在となるべく努めてまいります。

オープニングセレモニーの様子

設置された「まち・なみ・まるしぇ」の看板 

オープンしたローソン店舗の外観

【店舗概要】
◆店舗名:ローソン浪江町まち・なみ・まるしぇ店
◆営業時間:9:00~17:00
◆店舗面積:72.19㎡
◆取扱品目:1,000品目