社会・環境

トピックス

2016年7月29日

【近畿地方】 ヘルスケアローソンのオープンに際し、京都府と共同で健康チェックや健康相談を実施しました

株式会社ローソンは2016年1月に京都府、京都府市長会、京都府町村会との四者で締結した「京都府民の健康づくりの推進に向けた連携および協力に関する協定」※に基づき、取り組みを行っています。
※協定内容の詳細はこちら

第一弾として2016年7月15日(金)に、「ローソン明治国際医療大学前店」のオープンに合わせて、京都府南丹保健所と南丹市が共同で健康チェックや健康相談を実施しました。
「ローソン明治国際医療大学前店」は京都府南丹市日吉町の複合施設「いきいきオアシス日吉」にテナントとしてオープンし、京都府を中心に展開する調剤薬局「日吉ゆう薬局」を併設しています。
オープン当日は店舗裏手の訪問看護ステーション・コミュニティスペースにおいて、血管年齢の測定や体脂肪の測定などの健康チェック、禁煙相談、栄養相談、認知症相談などを南丹保健所と明治国際医療大学の学生の皆さんが実施しました。

今後もローソンは健康づくり推進協定に基づき、ヘルスケアローソンをはじめ、京都府内の店舗での健康づくり啓発ポスターの掲出や店舗の駐車場を活用した出前健診などを実施してまいります。

店舗外観

明治国際医療大学前の複合施設にオープンした「ローソン明治国際医療大学前店」

薬売場

売場ではOTC医薬品(市販薬)を販売するほか、医薬部外品やサプリメント、日用品などのヘルスケア商品を充実

店舗に併設されている調剤薬局「日吉ゆう薬局」。ローソンと店内でつながっています

訪問看護ステーション&コミュニティスペースで健康チェックや健康相談を実施