社会・環境

トピックス

2016年4月1日

「女性活躍推進法」に基づく行動計画を策定しました

株式会社ローソンは「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づき、女性が活躍できる環境を実現するため、このたび行動計画を策定しました。
ローソンは多様な人財が活躍できる環境を整え、育成することが会社の価値を高めることと考え、女性の活躍推進にこれからも積極的に取り組んでまいります。

<ローソンの課題>
・男性と比較し女性の勤続年数が低く、女性社員比率・女性管理職比率が伸び悩んでいる。
・女性と比較し男性の育児休職取得率が低く、取得しやすい風土醸成が必要である。
・ワークライフバランスの実現のため、有給休暇取得率を上げる取り組みが必要である。

<行動計画>
①計画期間
2016年4月1日~2019年3月31日

②目標および対策
【目標1】若手女性社員の定着率を上げるための取り組みを行う。
対策
・入社年次3年目までの女性社員を対象とした女性ミーティングを定期開催する。
・30歳手前の女性社員を対象とした「女性社員キャリア開発研修」を定期開催する。

【目標2】男性社員の育児休職取得率を80%にする。
対策
・社内で制度周知を図る。
・育児休職を取得した男性社員を社内報などで広報し、褒める 風土を醸成する。
・上司宛に取得促進の呼びかけを定期的に行う。

【目標3】年次有給休暇の取得促進に向けた新たな施策(制度)を導入する。
対策
・計画取得に向けた新たな取得促進制度を導入する。
・施策(制度)導入後、全社員への周知徹底を図る。


関連情報はこちら