社会・環境

お客さまとともに

「安全・安心」への取り組み

近年、「安全・安心」な食品を購入したい、「健康でおいしい」ものを食べたいというお客さまのニーズが高まっています。「安全・安心」な食品を提供することと、「健康」に対するニーズに応えることは、ローソンの「小商圏型製造小売業」に欠かせない課題であり、私たちが果たさなければいけない大切な責任のひとつです。「安全・安心・健康」、そして「おいしい」商品をお客さまにお届けするために、本部と店舗が一体となって取り組んでいます。

「安全・安心」の考え方

「小商圏型製造小売業」として、オリジナル商品*の開発から製造工程、販売までの過程において環境や安全の法令を順守し、品質管理を徹底しています。

「安全・安心」への取り組み
オリジナル商品の開発から、製造、お客さまに届くまでのすべての過程における品質を保つために、品質管理と商品開発の部門、お取引先が連携して、仕入時における原材料管理から製造時における生産管理、製造委託工場への指導、店舗における衛生管理まで、厳格な品質管理を行っています。たとえば、米飯類を製造する工場では、食中毒や異物混入等の事故を未然に防ぐため、独自のHACCP(食品衛生管理)体制を構築しています。調理時間とその品温管理等、生産工程の各重点管理項目はすべて記録を残し、万が一問題が発生した場合には直ちにその原因を究明し、対応できる体制を整えています。 また、オリジナル商品については食品添加物の削減に取り組み、合成着色料・保存料は使用していません。

*オリジナル商品:ローソンオリジナル商品とは、価格表示シールにローソンマークがついている「弁当」「おにぎり」「寿司」「調理パン」「惣菜」「サラダ」「調理麺」「パスタ」のことです。店内調理品は除きます。

「安全・安心」な商品を提供するために

徹底した品質管理で「安全・安心・健康」を実現します。
原材料の採用

ローソンのオリジナル商品は、原材料の厳選にはじまり、お客さまのお手元にお届けするまでに、数多くのテストや検査を実施しています。
機能子会社として原材料を専門に厳選採用する株式会社SCIを設置して、安全・安心な商品を供給しています。また、ローソンの品質管理基準に基づく厳重な審査に合格したものを採用しています。

商品設計から商品化まで

オリジナル商品は、具材、完成品について、ローソン独自の検査を実施し、安全性が確保された商品しか発売できない仕組みになっています。商品の仕様が決定した段階で、書類審査を行うとともに実際の製造ラインで商品を試作し、安全性を確認しています。

商品の製造工程

米飯類を製造する工場では、食中毒や異物混入等の事故を未然に防ぐため、独自のHACCP(食品衛生管理)体制を構築しています。調理時間とその品温等、生産工程の各重点管理項目はすべての記録を残し、万が一問題が発生した場合には、直ちにその原因を究明し、対応できる体制を整えています。新しい工場の稼働時や設備を新たに導入する際は、品質管理部門のスタッフが立ち合い、安全衛生管理に問題がないかをチェックしています。
また、日々の商品製造にあたっては、工場内をつねに清潔に保ち、従業員は異物を持ち込まないようエアシャワーや手指の洗浄、消毒などを実施してから工場に入るようにしています。さらに商品本体も金属探知機やX線検査装置などで異物混入の有無のチェック、規定どおりの盛り付けがされているかなど何段階にもわたって検査しています。

商品情報の表示(サーマルラベル)

ローソンではオリジナル商品に、商品名、消費期限、原材料名などを表示したラベルを添付し、 情報を公開しています。あわせて、表記義務のある品目以外にも自主的に詳細な表記をし、小さなお子さまやアレルギー症状をおもちの方も、安心して召し上がっていただけるように配慮しています。表記内容は、品質管理部門で厳重にチェックするほか、第三者や製造段階でのチェックなど、二重三重の体制でチェックしています。また、お客さまの関心が高いカロリー表示も表記しています。

店舗での温度チェック

商品の鮮度と品質を保つため、1日4回、店舗のショーケースの温度チェックを行っています。さらに衛生管理を徹底するために、店舗の食品衛生責任者による自主点検と本部のSV(スーパーバイザー:店舗経営指導員)による衛生調査・指導を毎月実施しています。また、外部機関による抜き打ち調査を全国の店舗で実施しています。

「販売許容期限」を自主的に設定

お客さまにより安全な商品を安心してお買い求めいただくために、おにぎりやお弁当、総菜などは、「消費期限」の前に自主的に「販売許容期限」を設定し、店舗でチェックしています。

商品の製造工程における品質管理

ピュアショート ケーキ

プレミアムロールケーキ

生地に使用する小麦粉とクリームに使用するビートグラニュー糖を北海道産に限定し、すっきりとした口どけの良いクリームとスポンジ生地がより一体となって味わえるロールケーキとして、2015年6月にリニューアルしました。

「プレミアムロールケーキ」ができるまで

「ローソンは、2009年9月に、「プレミアムロールケーキ」を発売しました。本格的なスイーツを気軽に楽しめることから、女性のお客さまを中心にご好評いただき、“コンビニスイーツ”ブームのきっかけとなりました。発売以来、シリーズ累計2億5,000万個以上を販売している人気商品です。

プレミアムロールケーキをはじめとした商品を安心しておいしく召し上がっていただくために、製造工場ではさまざまな安全衛生管理、品質管理を行っています。

「プレミアムロールケーキ」ができるまで

  • 生地づくり
  • 焼成
  • スポンジカット
  • クリーム
  • 盛り付け
  • 衛生管理
スポンジ工程生地づくり

卵や砂糖などの原料を正確に量り、混ぜ合わせます。

機械で攪拌し、原材料を泡立てていきます。

ここがポイント

生地をふんわり仕上げるため、2本の撹拌羽根でていねいに混ぜ合わせます。

スポンジ工程焼  成

できあがった生地は焼成する機械にゆっくり投入されます。

季節によって設定温度を調節して焼き上げます。

焼きあがったスポンジの焼き目をはがし、色ムラや厚みなどをチェックします

スポンジ工程スポンジカット

ロールケーキのサイズにあわせて機械で均一にカットします。

クリーム

北海道産の生乳からできた生クリームなど、3種類のクリームと北海道産ビートグラニュー糖を混ぜます。

クリームを攪拌し、泡立てていきます。

ここがポイント

原材料の投入時だけでなく、各工程でできあがったものを再度計量し、規定どおりになっているかをチェックします。

クリームのできあがりをチェック。できあがったクリームはすばやく盛り付けする工程へ運ばれます。

盛り付け

カットしたスポンジを手作業で容器に詰めていきます。

ここがポイント

スポンジがやわらかくしっとりしているため、切れないように慎重に入れていきます。

クリームを機械で充填します。

クリームを入れたケーキの上にフィルムをかぶせます。

機械でラッピングします。

金属探知機で金属が紛れ込んでいないかどうかをチェックします

完成品。配送センターに送られ、店舗に配送されます。

ここがポイント

品名や消費期限などに間違いがないかどうか、出荷の前に最終チェックを行います。

衛 生 管 理 (ある工場の例 )
製造工程における衛生管理

デザートの製造工程は熱を加える工程が少ないため、菌を増殖させないようにすることが重要です。原材料の荷受けをする際は原材料の外装からエアシャワーをかけてほこりを落とし、さらにすべての原材料を一つひとつチェックしています。
商品を製造する従業員も、工場に入るときにはエアシャワーを浴びたあと、ほこりを取るローラーをかけ、手指をしっかり洗ってアルコールを噴霧しないと中に入れない仕組みになっています。さらに商品を製造している間も、1時間に1回手袋を交換するほか、ほこりを取るローラーをかける専門の従業員がいてつねにローラーがけを行い、異物が混入しないようにしています。

  • 工場に入る前にエアシワーを浴びます。

  • 眉毛を吸い取る機械で眉毛が商品に紛れ込まないようにします(一部工場に限られます)。

  • ローラーがけがきちんとできているかチェックする従業員が常駐しています。

  • 爪の間まで洗える器具も設置してしっかり手指を洗います。

  • 工場に入ったあともローラーがけをする従業員が定期的に回ってきます。

  • 使用した器具はすべて洗浄し消毒。
    器具を殺菌する乾熱殺菌方式も導入しています。

取材協力:コスモフーズ株式会社 川島工場・入間工場