社会・環境

社会・環境に対するマネジメント

ローソンのグループの社会・環境活動報告

社会・環境活動の目標と実績

  • 2013年度社会・環境活動の目標と実績(2014年2月28日現在)
  • 2014年度の目標
分野 項目 取組項目 2013年度目標 実績 達成度
商品・サービス 省資源/廃棄物削減/普及啓発/社会貢献 MACHI caféにおけるブランド確立(社会・環境への配慮の推進)
レインフォレスト・アライアンス認証豆の使用
協力農園との取り組み拡大
タンブラー販売の推進
レインフォレスト・アライアンス認証農園産豆の使用比率アップ
協力農園との取り組み推進
タンブラーとCDのセット販売
MACHI café導入店舗 約7,800店舗
5
省エネルギー/社会貢献 ファストフードにおける地産地消・自社農場製品の拡大 ローソンファームで採れた素材を活用し、安全・安心な商品の提供 おでん具材へのローソンファームの大根、ジャガイモ使用 5
社会貢献/廃棄物削減/省エネルギー ローソンファームの取扱い拡大 新規ローソンファームの稼動  ローソンファーム7カ所を新たに設立 6
社会貢献 ナチュラルローソンにおける社会・環境配慮商品の販売
環境配慮商品の販売
国産間伐材使用の割り箸推進
スワンベーカリー(障がい者雇用)商品の継続展開
環境配慮商品の販売継続
国産間伐材使用の割り箸継続
スワンベーカリー(障がい者雇用)商品の継続展開
5
省エネルギー/省資源 容器包装の軽量化推進 容器包装の薄肉化による燃焼時CO2
2006年度比12.0%削減
容器包装の燃焼時CO2
2006年度比 31.3%削減
6
省エネルギー/省資源 環境負荷を軽減させる容器包装の採用 非石化樹脂の採用推進 冷し麺容器、サラダ容器における非石化樹脂の採用継続 5
社会貢献 行政サービス代行の推進
行政サービスの展開開始
行政サービス取扱自治体の拡大
行政サービスの展開開始
行政サービス取扱自治体の拡大
5
普及啓発 CO2オフセット運動の普及による、お客さまと取組む環境活動の推進
新規CO2オフセット企画の検討
CO2排出権付き商品の販売継続
CO2オフセット量 1,500トン
MACHI caféにおけるCO2オフセットの実施
サントリーとの取り組み継続
2013年度実績 :2,934トン
達成率 :195.6%
6
物流 省エネルギー 配送センターにおけるエコドライブの推進 配送車輌の店舗当たりCO2排出量
2007年度対比24.0%削減
配送車輌の店舗当たりCO2排出量
2007年度比22.8%削減
4
店舗設備 省エネルギー 最新省エネルギー機器等への入れ替え促進
省エネ性の高い冷凍機の導入促進
空調機器の入替促進
防露ヒーターコントローラー導入
太陽光発電システムの導入
冷凍機 達成率  99%
空調機 達成率  167%
防露ヒーターコントローラー 達成率  102%
太陽光発電システム   達成率  57.9%
4
省資源/廃棄物削減 店舗什器のリユース促進 6年未満の対象什器の新店・改装店舗へのリユース実施 リユースした件数
2013年度累計 2,061アイテム
6
店舗運営 省資源 レジ袋の削減に向けた支社及び支店と自治体との連携推進 レジ袋削減施策の実施
エコバッグポイントキャンペーンの実施
JFA、自治体と連携したレジ袋キャンペーンの展開
3月~11月度 エコバッグポイントにより約736万枚のレジ袋を削減
レジ袋キャンペーン実施 7県3市
レジ袋配布率 78.3%
3
廃棄物削減 食品リサイクル実施率の向上
廃油リサイクルの促進
2013年度目標
単体:9,600店/
グループ:10,000店
食品リサイクルの促進
2013年度目標
単体:1,900店/
グループ:2,350店
食品リサイクル実施率 法定目標:34.5%以上
※2012年度実績 50.3%
廃油リサイクルの実績
2013年度 10,105店(グループ10,468店)
食品リサイクルの実績
2013年度 2,240店(グループ2,292店)
食品リサイクル実施率 47.6%
3
サプライチェーン 省エネルギー 2012年度サプライチェーンCO2排出量の算定
エネルギー使用量のデータ収集
CO2排出量算定及び結果検証
2012年度ベンダーアンケート・配送センターアンケートの実施・集計
CO2排出量算定、GHG検証審査への対応
5
全般 法令順守/
リスク管理
ローソングループのコンプライアンス・リスクマネジメント体制の整備と浸透 CRO体制による組織対応力の強化と従業員の啓発
  • 会議を通じて新サービス・施策導入前のリスク検証や再発防止策を策定
  • リスク管理研修の実施
  • モニタリング結果に基づき、内部通報制度を変更
5
リスク管理 ローソングループの防災体制の確立 事業継続・災害対策の向上と防災意識の浸透
  • 年3回グループ防災訓練を実施
  • BCPガイドラインの改訂
5
社会貢献 ダイバーシティ対応等、社会貢献活動を促進
女性管理職の登用推進
障がい者雇用の推進
女性:なでしこ銘柄にローソンが選定(CVSとして初)
障がい者雇用率:グループ計2.22%(法定雇用率の順守)
5
社会貢献 FC加盟店オーナー・従業員の健康増進への取り組み 人間ドック・健康診断受診率増進と、健康関連事業の推進
  • 2013年度下期人間ドック利用率 2012年度比120%
  • 健康セミナー参加率 2012年度比162%
5
社会貢献 ローソングループ全体の社会貢献活動の推進 店頭募金の新スキームによる運用
  • 「ローソングループ”マチの幸せ”募金」の開始及び新配分による送金開始
  • 月次募金額のHP・POS画像での定期告知の実施
5
社会貢献 ローソングループ全体の社会貢献活動の推進 「ローソン緑の募金」 森林ボランティア参加者促進 参加者前年比100% 参加者実績
2013年度累計:29事業 403人、前年比:131.1%
6
社会貢献 地域貢献活動の推進
子どもや奨学生への支援
地域清掃活動・緑化事業の推進
「夢を応援基金」の運用
京都市スチューデントシティの運用
富士山緑化事業、東京都「海の森事業」、荒川クリーンエイド 等の推進
4
普及啓発 環境教育の推進
CSV推進担当、FC加盟店オーナー、新入社員、商品開発アシスタント、関係会社等への研修
エコ検定の受検の推進
CSV推進担当、FC加盟店オーナー、新入社員、商品開発アシスタント、関係会社等への環境研修の実施 
エコ検定受検の推進及びフォロー
5
分野 項目 取組項目 2014年度目標
商品・サービス 省エネルギー/社会貢献 オリジナル商品における国産原材料の利用促進 日本全国各地のこだわりの原材料の調達による高付加価値型商品の開発
省資源/廃棄物削減/普及啓発/社会貢献 MACHI caféのさらなる拡大(社会・環境への配慮の推進) 商品の品質向上及び社会・環境への配慮の推進
省エネルギー/社会貢献/普及啓発 ファストフードにおける地産地消・自社農場製品の拡大 ローソンファームで採れた原材料の使用
普及啓発/社会貢献 まちかど厨房における健康商品の開発 従来商品よりカロリーを抑えた商品の開発
社会貢献/廃棄物削減/省エネルギー ローソンファームの取り扱い拡大
新規ローソンファーム稼動
中嶋農法の取り扱い拡大
普及啓発/
社会貢献
ナチュラルローソンにおける社会・環境配慮商品の販売
環境配慮商品の販売
国産間伐材使用の割り箸推進
スワンベーカリー(障がい者雇用)商品の継続展開
省エネルギー/省資源 容器包装の軽量化推進 容器包装燃焼時CO2
2006年度比12%削減
省エネルギー/省資源 環境負荷を軽減させる容器包装の採用 非石化樹脂の採用推進
社会貢献 行政サービス代行(住民票、印鑑登録証明書等)の推進 行政サービスの拡大による地域貢献
社会貢献 総合エンタテイメントの強化
チケット取り扱い拡大
子会社との連携強化による拡大
マチのマラソン大会への取り組み強化
普及啓発 CO2オフセット運動の普及による、お客さまと取り組む環境活動の推進
新規CO2オフセット企画の検討
CO2排出権付商品の販売
CO2オフセット量 3,000トン
物流 省エネルギー/普及啓発 配送センターにおけるエコドライブの推進 店舗当たりCO2排出量
2007年度対比24%削減
店舗設備 省エネルギー/省資源/
廃棄物削減
店舗什器のリユース促進 6年未満の対象什器の新店・改装店舗へのリユース実施
省エネルギー 省エネ機器の導入 省エネ機器の導入(新店100%、既存店予算どおりの導入)
LED(看板・売場)
要冷空調一体型
トイレ人感センサー
防露ヒーターコントローラー
冷凍機・空調機の交換等
省エネルギー 太陽光発電事業の推進 太陽光発電システムの導入推進
省エネルギー/普及啓発 省エネ施策の普及・啓発 省エネ10か条活用による啓発・推進・管理
店舗運営 省資源 レジ袋の削減に向けた支社及び支店と自治体との連携推進 レジ袋削減施策の実施
商品販売と連動したキャンペーンの展開
JFA、自治体と連動したレジ袋削減キャンペーンの展開
廃棄物削減/法令順守 食品リサイクル実施率の向上
廃油リサイクルの促進
2014年度目標(2015年2月度)10,400店(グループ10,800店)
食品リサイクルの促進
2014年度目標(2015年2月度)2,350店(グループ2,400店)
食品リサイクル実施率 36.5%以上
サプライチェーン 省エネルギー 2013年度サプライチェーンCO2排出量の算定
エネルギー使用量のデータ収集
CO2排出量算定及び結果検証
全般 法令順守/
リスク管理
ローソングループのコンプライアンス・リスクマネジメント体制の整備と浸透
現場におけるリスク管理体制の徹底
相談・通報窓口の利用促進による不祥事の未然防止
リスク管理 ローソングループのBC(事業継続)及び防災体制の確立 大規模災害に備えた従業員の防災意識の浸透
社会貢献 社員の健康の増進
セルフメディケーションの推進
健康診断受診率の上昇 健康診断受診率100%(継続)
社会貢献 FC加盟店オーナー・従業員の健康増進への取り組み 人間ドック・健康診断受診率増進をはじめとする、福祉会制度の利用促進事業の推進
社会貢献 ダイバーシティの推進
女性活躍の推進
障がい者雇用の促進
働く子育て世代支援
社会貢献/普及啓発
/省エネルギー
「にっこりローソンの日」を通じた社会貢献活動の推進 店舗及び周辺の清掃活動の推進
社会貢献/普及啓発 子どもへの教育支援 スチューデントシティの円滑な運営
社会貢献/普及啓発 「ローソングループ“マチの幸せ”募金」の運営
各募金の活動推進・普及啓発
緑化事業75件の実施
普及啓発 環境教育の推進
CSV推進担当、FC加盟店オーナー、新入社員、商品開発アシスタント、関係会社等への研修
エコ検定の受検の推進

環境保全コスト

対象期間:2013年3月1日~2014年2月28日 / 集計範囲:ローソン本部※1及びFC加盟店

【単位:千円】

分類 主な取り組みの内容 投資額 経費額 効果
(1)
事業エリア内コスト
(1)-1 公害防止コスト 新店の浄化槽維持・管理 0 3,002 水質汚濁防止
(1)-2 地球環境保全コスト 省エネ機器の導入、CO2オフセット運動 7,854,204 98,732 CO2削減
(1)-3 資源循環コスト 廃棄物関連費用※2 0 5,806,473 法令遵守
(2)
上・下流コスト
容器包装リサイクル法関連費用 0 438,506 法令遵守
(3)
管理活動コスト
環境報告書作成、ISO14001審査費用 0 14,091 環境活動の推進、普及・啓発
(4)
研究開発コスト
省エネルギー店舗研究費用 0 8,670 CO2削減
(5)
社会活動コスト
緑化活動、清掃活動、NPO団体への寄付 0 64,226 生物多様性の維持、地域美化
合計   7,854,204 6,433,700  

※1 国内のエリアフランチャイズ及びローソンストア100の店舗を含む
※2 店舗の廃棄物処理とリサイクルの費用は、標準的な店舗の数値をサンプルとして推定計算しています